コンタクト・眼鏡

眼鏡・コンタクトレンズについて

眼鏡・コンタクトレンズについて眼鏡やコンタクトレンズは正しく検査して処方されたものを用いることでよい視力を得ることができますが、反面、度が合っていない・用途や環境に合っていない場合、また間違えた使い方やお手入れによって良好な視力が得られなくなり、しつこい頭痛や肩こり、眼精疲労などの症状にもつながってしまいます。
コンタクトレンズの場合には、目の中に入れて使うものであるため、正しくないケアや使用法を続けていると失明する可能性もあります。そして、ご自分ではしっかりケアを行い、正しい使用法を守っていると思っている方でも、実際にはケア不足や間違った使用法をされているケースも多くなっています。
定期的に眼科専門医を受診して検査を受け、目の状態をしっかり確かめてもらうことが重要です。
当院では、眼鏡やコンタクトレンズに関する幅広い知識を持った眼科専門医が検査、処方、装用指導を責任もって行い、定期検査でよい状態を保てるようサポートしています。

検査について

当院では院内の清潔を重視しており、検査でもお一人ずつ検査枠を交換して、結膜炎などの感染予防に努めています。

眼鏡処方

眼鏡処方ご来院される際に、これまでお使いになっていた眼鏡をお持ちの方はそれをご持参ください。
眼鏡処方は時間がかかることがありますので、後日ご予約いただいてお渡ししております。
あらかじめご了承ください。
なお、眼鏡に関する検査は、遠用・近用(老眼鏡)に加え、遠近両用眼鏡やプリズム眼鏡にも対応可能です。

コンタクトレンズ処方

当院では、ソフトコンタクトレンズの場合、原則として使い捨てのディスポーザブルレンズを処方しております。
遠近両用コンタクトレンズもございますので、お気軽にご相談ください。

当院で扱っているメーカー

  • クーパービジョン
  • アルコン
  • ボシュロム
  • ジョンソン&ジョンソン
  • シード

初めてコンタクトレンズをご検討される方へ

初めてコンタクトレンズをご検討される方へ初めてコンタクトレンズをご検討されている方は、受付時間終了の1時間前にはご来院ください。コンタクトレンズの装着と外す練習を行いますので、必ずご本人のご来院が必要です。
また、コンタクトレンズを安全に使用するために、ご本人のペースに合わせた装用の練習やケア方法の説明も行っておりますので、お時間に余裕をもってご来院ください。

プリズム眼鏡について

プリズム眼鏡は斜視の方が治療に用いる特殊な眼鏡で、レンズ部分にプリズムを入れて光を屈折させ、両方の目で同じ視標が見えるようになっています。斜視自体を治療するものではなく、両眼視を確保しやすくする効果が見込めます。また、斜視では両方の目で見るとものが二重に見えてしまう複視が起こりますが、それを軽減させる効果もあります。
大人の斜視で、眼筋麻痺などによって起こっている場合、強く複視の症状が出ることがあり、日常生活に支障をきたしますので、プリズム眼鏡が有効なケースが多くなっています。

定期健診を受けましょう

コンタクトレンズは眼鏡と違い直接目に触れるため、薬事法により高度管理医療機器(クラスⅢ)に指定されています。そのため、コンタクトレンズを使用している場合、3ヶ月に1回は必ず定期検診を受ける必要があります。
使用方法が間違っていると日々の積み重ねでダメージが蓄積してしまいます。ソフトコンタクトレンズ、使い捨てコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズなどさまざまな種類がありますが、こうしたことはすべてのレンズに当てはまります。
特に、近年はコンタクトレンズの使用期間である交換時期を過ぎて使用していて目のトラブルを起こすケースが増えています。ケア不足や間違った取り扱いは、大幅な視力の低下や失明にまでつながる可能性があります。見るということは生活においてとても重要であり、表情の中でも目が物語る印象はとても強いものです。少しでもおかしいと感じたら、定期検査の時期ではなくてもすぐにご相談ください。

TEL:03‐3235‐4146
アイクリニック大井町 アイクリニック千葉 ファミリークリニックひきふね