眼瞼下垂の日帰り手術-新宿眼瞼下垂治療室

新宿眼瞼下垂治療室の日帰り手術の特徴

眼瞼下垂症の治療当院では、日帰り手術による眼瞼下垂の治療を行っています。眼瞼下垂症は保存療法では治療できず、治すことができるのはまぶたを持ち上げる手術のみです。手術は局所麻酔で行い、所要時間は片眼で20分程度、両眼で30〜40分程度です。両側の眼瞼下垂の場合、左右のまぶたの形をそろえるために、基本的に両側の同時手術をお勧めします。当院の手術はすべて顕微鏡下で緻密かつ丁寧に行い、炭酸ガスレーザーを使用することによって出血を最小限に抑えています。一人一人に合わせて最善の術式を選択し、ご要望に合わせて自然かつ美しい仕上げになるようにデザインします。

保険適用の日帰り手術

当院では、まぶたが下がることで視力低下や視野が狭くなるなど、機能的な障害が起こっている病気の治療として眼瞼下垂の日帰り手術を行っており、治療費用には健康保険が適用されます。そのため、美容目的の手術はお受けできませんので予めご了承ください。

眼瞼下垂症の治療方法

眼瞼下垂症は点眼などの保存療法うでは治すことができません。手術には、上まぶたを持ち上げる筋肉を短くして上げやすくするもの、上まぶたの皮膚の一部を切除してまぶた自体を上げるものがあり、状態に合わせて選択します。

挙筋腱膜前転法

腱膜性眼瞼下垂に対して行う手術であり、高度な技術と経験が必要とされます。この手法は、信州大学病院形成外科の松尾教授が広めたもので、「生理的な改善が認められる画期的な治療法」として知られています。瞼板から腱膜を剥離して、さらに腱膜とミュラー筋の間を剥離します。腱膜のみ前転して、瞼板に固定する方法です。

挙筋腱膜タッキング法

挙筋腱膜のズレを整復する手術で、軽度から中度までの腱膜性眼瞼下垂や先天性眼瞼下垂などに用いられます。腱膜を切らずに縫い縮めます。 腱膜組織を切りませんので、術後の腫れが抑えられます。下垂の程度が軽い場合は、皮膚切開なしで結膜から糸をかけて行うことも可能です。切開をしない場合には出血がほとんどありませんし、術後の腫れも最小限になります。

ミュラー筋タッキング法

挙筋腱膜とミュラー筋の間を剥離します。ミュラー筋のみを縫い縮めて瞼板に固定します。硬い腱膜をはずして、軟らかい筋肉のみを利用して短縮するため、兎眼になりにくく、まぶたのラインが自然な形になりやすい特徴があります。

術後について

まぶたは腫れが起こりやすいため、術後には一時的な腫れや違和感、皮下出血による変色が起こることがあります。腫れや皮下出血は時間経過によって消えていきますが、自然な状態になるまでに術後1~3ヵ月程度かかるとお考えください。なお、抜糸は術後10日程度経過してからになります。

手術後の注意点

まぶたはもともと腫れやすい組織ですので、術後は一時的に腫れたり、皮下出血で紫色に変色したり、違和感があることがあります。時間経過とともに軽快していきます。
術後10日~2週間程度で抜糸を行います。 だいたい、術後1~3ヵ月で自然な状態になります。
ご希望の方は、当院医師もしくはスタッフにご相談ください。

手術費用

眼瞼下垂症の手術は保険適応になりなす。

3割負担 1割負担
片眼の場合 約21,500円 約7,500円
両眼の場合 約43,000円 約15,000円

※ 別途、お薬代などがかかります。

※ 当院の眼瞼下垂手術は、美容を目的とした自由診療ではありません。

TEL:03‐3235‐4146
アイクリニック大井町 アイクリニック千葉 ファミリークリニックひきふね